2020年4月開始のアニメについて(その4)

「八男って、それはないでしょう!」第4話
 いわゆる異世界転生モノで、本編につりあわぬほど、オープニング主題歌(「時空の迷い人」)が豪華で、エンディング主題歌(「月明かりのMonologue」)も、よいと思います。
 第4話は、唐突に戦闘でした。もう少し苦節を描いた方が共感を誘うのではないかと思いました。
 結局、第3話で結成したパーティは、飾り物だったのかと思いました。

「かくしごと」第4話 ○
 オープニングとエンディングにおける往年の鈴木英人のイラストのような映像が見事で、エンディング主題歌の選曲(「君は天然色」)も、映像の作風に合っているという観点で素晴らしいと思います。オープニング主題歌(「ちいさな日々」)もよいと思います。
 本編の方は、主人公(後藤可久士)の声を担当する神谷浩史の演技力の高さに支えられているように思います。
 第2話~第3話は、第1話にくらべると、映像的に衰えたように思えたのですけれども、第4話では、鋭さが復活したように思いました。
 物語の方は、まさか、「ガラスの仮面」の原作者の有様を言及するとは思いませんでした。
 後半の六條一子がおかしくなったというギャグは、実は、物語の核心を突いているのはないかと思いました。

「LISTENERS」第4話
 目指しているところは、おそらく、「交響詩篇エウレカセブン」(2005年~2006年のアニメ)のような作風ではないかと思います。設定や用語の使い方には、「フール・フォー・ザ・シティ」や「ファイブスター物語」などの永野護の作品との類似性を感じます。キャラクタデザインが私の好みではないというのが率直なところです。
 第4話は、共感できるものがなく、率直なところ、つまらないと思いました。

「アルテ」第4話
 オープニング主題歌(坂本真綾の「クローバー」)とエンディング主題歌(「晴れ模様」)がよいと思います。
 物語の主題や登場人物の思想は、改革や転換が扱われているのですけれども、表現の方法には、少女漫画に特有と思えるものを散見します。
 第4話は、啓蒙的でよいと思いました。

「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」第4話 ○
 今期(2020年4月)開始のアニメの中では、面白い作品であると思います。
 「キャンディ・キャンディ」(1976年~1979年のアニメ)に登場したイライザ・ラガンのようなヒロインを異世界転生者の視点で描いたような作風で、いわゆる異世界転生モノでありながら、戦闘主体ではなく、少女漫画の貴族の日常のようなものが描かれている辺りも面白いと思います。
 第3話は、第2話にくらべ、映像が衰えたように思ったのですけれども、第4話では、よくなったように思いました。
 物語の方は、第4話も面白いと思いました。ヒロイン(カタリナ・クラエス)が農業に執着する辺りもよいと思いました。

「グレイプニル」第3話
 いわゆる異能バトルもののようです。やつれたようなキャラクタデザインには、抵抗を感じるのですけれども、物語自体は、悪いというほどではないと思います。
エンディング主題歌(「雨と体液と匂い」)がよいと思います。
 第3話の「不潔」という台詞については、私もそう思います。

「白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」第3話
 中二病全開な世界観という印象です。同名のゲームが原作とのこと。本編は、物語の展開が大味で、今ひとつですけれども、主題歌は、オープニング(「天秤-Libra-」)が豪華で、エンディング(「through the dark」)もよいと思います。
 第3話、物語がわかりやすいことだけは、よいと思いました。
 
「プリンセスコネクト!Re:Dive」第3話
 同名のゲームが原作とのことで、RPG のような世界観であると思います。今期(2020年4月)開始の中では、最も映像が綺麗であると思います。
 第3話で、イカッチとチャーリーがペコリーヌの味方についていることが非常に印象的でした。

「フルーツバスケット 2nd season」第3話 ○
 「フルーツバスケット 1st season」(2019年のアニメ)の第2期です。
 第1期は、見るからに今時のアニメという印象の映像だったように思うのですけれども、第2期は、原作寄りになったように思います。この作品は、最後まで視聴を継続します。
 第3話は、原作が公開された時期には、変態趣味だったものが現在では、当たり前になってしまっているように思いました。歳月の流れを感じました。

「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第2部」第17話 ○
 「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」(2019年のアニメ)の第2部です。
 残念なキャラクタデザインは、相変わらずなのですけれども、物語は、面白いと思います。
 エンディング主題歌(やなぎなぎ の「エフェメラをあつめて」)がよいと思います。
 この作品は、最後まで視聴を継続します。

「BNA」第3話
 人間と獣人が対立する世界の物語のようです。「リトルウィッチアカデミア」(2017年のアニメ)の監督とスタッフとのことで、見るからに TRIGGER の制作らしい作風になっていると思います。
 第3話は、大神士郎が格好よいとしかいいようがないように思いました。

「天晴爛漫!」第3話
 第1話を観た時点では、「ワイルド・ワイルド・ウエスト」(1999年の実写作品)の和風版のような世界観かと思ったのですけれども…
 主人公(空乃天晴)のキャラクタデザインが死ぬほど嫌です。Lantisレーベルのクソみたいな主題歌も致命的です。特にエンディング主題歌の歌唱は、心底、センスがないです。
 P.A.WORKS の制作でなければ、見限りたいところです。P.A.WORKS は、仕事を選んだ方がよいと思います。

「かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~」第3話 ○
 「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」の第2期です。
 この作品は、面白いと思います。この作品は、最後まで視聴を継続します。
 第1期のオープニング主題歌(「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」)は、アニメの主題歌とは別次元と思えるほどの素晴らしい歌唱力に加え、曲自体の場違い感も壮絶だったように思うのですけれども、第2期のオープニング主題歌(「DADDY! DADDY! DO! feat. 鈴木愛理」)は、アニメの主題歌らしい曲になったように思います。いずれにしても、プロの歌唱とは、このようなものをいうのであると思います。
 第3話は、前半のエピソードがよいと思いました。

 前述以外で、視聴を継続しているアニメ:
  「とある科学の超電磁砲T」(2020年1月開始のアニメ)
  「BanG Dream! 3rd Season」(2020年1月開始のアニメ)(最終回)
  「ケンガンアシュラ」(2020年1月地上波放送開始のアニメ)
  「ヒーリングっど プリキュア」(2020年2月開始のアニメ)
  「新サクラ大戦 the Animation」(2020年4月開始のアニメ)
  「無限の住人-IMMORTAL-」(2020年4月地上波放送開始のアニメ)
  「ハクション大魔王2020」(2020年4月開始のアニメ)
  「ULTRAMAN」(2020年4月地上波放送開始のアニメ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント