2020年10月開始のアニメについて(その8)

「アサルトリリィ BOUQUET」第7話
 「刀使ノ巫女」(2018年のアニメ)から神道的なものをなくしたような設定で、物語としては、敵との戦闘よりも学園内での人間関係の描写に注力しているように思えます。映像の方は、シャフトの制作にしては、今ひとつであると思います。ダサいオープニング主題歌よりも、声優歌唱のエンディング主題歌(「Edel Lilie」)の方がましであると思います。ナレーションが洒落ていると思います。
 第7話は、プロローグの時点で、リリィは、マユから生まれるのかと思ったら、本当にそのような展開でした。その内に、ヒュージになるのではないかと予想します。

「魔女の旅々」第8話 ○
 この作品の世界観は、魅力的であると思います。
 映像が綺麗で動きもよく、エンディングの映像もよいと思います。物語の方は、「キノの旅」(時雨沢恵一の作品)との類似した皮肉や暗さがありますけれども、啓蒙的な描写は希薄であると思います。
 第8話は、立派な変態さん… というのはさておき、あの髪型も意外に似合うと思いました。
 今回も、サヤの関与が面白いと思いました。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ」第8話
 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」(2015年、2019年のアニメ)の本伝の第3期です。
 第3期に限ったことではないのですけれども、このシリーズは、悲しい描写が多いと思います。最後に救われればよいというものではないように思います。
 第7話は、ロキ・ファミリアの強さが印象的でした。反面、ヘスティア・ファミリアが役に立っていないことが気になりました。

「トニカクカワイイ」第8話
 題名の割には、キャラクタデザインがよくないと思います。
 第8話は、ヒロイン(由崎司)に対する主人公(由崎星空)や主人公の父母の反応がいちいち気持ち悪いと思いました。
 最後の場面が面白いと思いました。

「半妖の夜叉姫」第8話
 「犬夜叉」(2000年~2004年、2009年~2010年のアニメ)の続編とのこと。同じくサンライズが制作した「犬夜叉 完結編」の時期の作画にくらべると劣っているように見えてしまう点とオープニング主題歌が本編の作風にまったく合っていない点が非常に残念です。
 第8話は、犬夜叉、日暮かごめ、殺生丸の様子が断片的に描かれていた辺りが印象的だったのですけれども、現状との関連性は、まだ明らかではないといったところでしょうか。
 現状では、理玖が黒幕なのでしょうか。

「戦翼のシグルドリーヴァ」第8話
 一見、「荒野のコトブキ飛行隊」(2019年のアニメ)のような作風かと思いきや、「ストライクウィッチーズ」(2008年、2010年、2016年のアニメ)に似た作風であると思います。
 第8話で、この作品の世界の人類が北欧神話を知らないという設定であることが明らかとなったように思います。意外に思いました。

「魔法科高校の劣等生 来訪者編」第8話 ○
 「魔法科高校の劣等生」(2014年のアニメ)の第2期です。この作品は、最後まで視聴を継続します。
 どうも、第2期は、作画が安定せず、第8話も、物語の流れよりも、作画の乱れにはらはらしました。
 黒羽亜夜子が登場した反面、アンジェリーナ=クドウ=シールズが登場しなかったことが気になりました。

「いわかける! -Sport Climbing Girls-」第8話
 スポーツクライミングを主題とした作品です。意外に面白いと思います。
 第8話は、最後の場面が感動を誘うように思いました。簡単には勝利できないという物語の流れもよいと思いました。
 しかしながら、作画の方は、以前よりもよくない状況に見えました。

「無能なナナ」第7話
 一見、「僕のヒーローアカデミア」(2016年~2019年のアニメ)を大雑把にしたような設定ですけれども、本質的には、「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation」(2013年のアニメ)のような作風に思えます。
 第6話~第7話は、心理戦といった印象でした。

「神達に拾われた男」第7話
 映像的には、キャラクタデザインだけが取り柄で、動きや背景描写などは、今ひとつであると思います。
 物語の方は、「異世界はスマートフォンとともに。」(2017年のアニメ)との類似性を散見しますけれども、率直なところ、「神達に拾われた男」の方が遥かにつまらないです。
 登場人物が善人ばかりの上に、第7話に至っては、冒険らしい出来事もなし…

「ゴールデンカムイ(第三期)」第31話
 「ゴールデンカムイ」(2018年のアニメ)の第3期です。
 第29話~第31話のシリアスな流れは、とてもよいと思いました。

「魔王城でおやすみ」第7話 ○
 この作品は、面白いと思います。
 ヒロイン(スヤリス姫)のキャラクタデザインなど、往年の魔夜峰央の作品のような映像もよいと思います。
 第7話を視聴すると、この作品は、笑わせ方が上手いというだけでなく、まともな芝居のできる声優を揃えていることが奏功しているように思えてきます。

「くまクマ熊ベアー」第7話
 RPG のような異世界が舞台のようで、「インフィニット・デンドログラム」(2020年のアニメ)に似た設定であると思います。映像的に今ひとつで、どういう訳か、背景音楽を含めた音響が奇妙なほどよくないと思います。
 第7話は、何事もないエピソードかと思いきや、戦闘場面や笑わせる描写があるだけ、第5話~第6話よりは、ましに思えました。

「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」第7話 ○
 「ストライクウィッチーズ」(2008年、2010年のアニメ)の本伝の第3期です。
 このシリーズの本伝に関しては、新作が制作される度に映像の完成度が向上しているように思います。このシリーズの魅力は、可愛らしさではなく、格好よさであると私は思います。この作品は、最後まで視聴を継続します。
 第7話は、各期に一話程度、このようなエピソードがあるといった印象でした。
 宮藤芳佳がまだ万全ではないという描写が気になりました。

「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」第7話
 絵柄といい、設定や物語の展開の極端さといい、語彙に乏しく舌足らずな台詞といい、往年の高河ゆん の漫画のようであると思います。
 第6話の感想でも記述したのですけれども、第7話も、そもそも、戦争を行っているという設定であるにもかかわらず、のほほんとした恋愛を描こうとすること自体に根本的な無理があるように思いました。

「アクダマドライブ」第7話 ○
 物騒で混沌とした世界観が独創的であると思います。映像だけを見ると、「PSYCHO-PASS サイコパス 3」(2019年のアニメ)に近い作風と完成度の高さであると思います。物語の方は、どことなく、「十二大戦」(2017年のアニメ)に似ているようにも思います。
 第7話は、医者があれだと、いろいろと辻褄が合わないように思うのですけれども、急展開といった印象でした。処刑課弟子が登場しませんでしたけれども、動向が気になるところです。

「安達としまむら」第7話
 少女(高校生1年生)たちの日常が綺麗な映像で描かれているという印象です。「電波女と青春男」(2011年のアニメ)と同一の原作者とのこと。
 第5話~第6話が安達の視点だったのにくらべ、第7話は、しまむら の視点での描写が多く、対比のようにも思えました。
 ヤシロというのは、本当に宇宙人なのでしょうか。

「ご注文はうさぎですか?BLOOM」第7話 ○
 きららアニメの最高峰である「ご注文はうさぎですか?」(2014年、2015年のアニメ)の待望の第3期なのですけれども、最高だった第2期にくらべると、今ひとつであると印象を否めないと思います。
 第7話は、第3期では、最も完成度が高いと思いました。Aパートでの千夜の描写もよいと思いました。
 それにしても、第3期は、あまりに綺麗な背景描写や特殊効果の派手さが目につきます。

「神様になった日」第7話
 P.A.WORKS の制作によるとても高品質な映像に加え、主題歌に やなぎなぎ を起用するという盤石の布陣なのですけれども、物語の方は、よくわからないというのが率直なところです。
 第7話は、「シン=カッパ」だけが見所だったように思いました。

「憂国のモリアーティ」第6話
 キャラクタデザインが私の好みではないのですけれども、「ジョーカー・ゲーム」(2016年のアニメ)と同じ監督と Production I.G の制作らしく、完成度の高い作品であると思います。本編の完成度が高いだけに、ダサいエンディング主題歌には、がっかりします。
 第6話は、第5話以前とは違い、積極的に事件を起こそうとしているように思えました。
 ようやく、シャーロック・ホームズが登場しました。

「おちこぼれフルーツタルト」第6話
 きららアニメです。売れないアイドルグループを主題とした作品のようです。舞台の東小金井は、懐かしく思います。同じ原作者の「ハナヤマタ」(2014年のアニメ)にくらべ、映像的に大きく劣っている点が残念に思います。中途半端な性的描画が混じっている点が致命的に駄目であると思います。
 第6話は、無理やり胸の大きさの話を始める場面があまりにも物語の展開とは無関係で、本当に時間の無駄に思えました。よくないことであると思います。

 前述以外で、視聴を継続しているアニメ:
  「ヒーリングっど プリキュア」(2020年2月開始のアニメ)
  「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」(2020年7月開始のアニメ)
  「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」(2020年10月開始のアニメ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント