2020年10月開始のアニメについて(その10)

「アサルトリリィ BOUQUET」第9話
 「刀使ノ巫女」(2018年のアニメ)から神道的なものをなくしたような設定で、物語としては、敵との戦闘よりも学園内での人間関係の描写に注力しているように思えます。映像の方は、シャフトの制作にしては、今ひとつであると思います。ダサいオープニング主題歌よりも、声優歌唱のエンディング主題歌(「Edel Lilie」)の方がましであると思います。ナレーションが洒落ていると思います。
 第9話は、プロローグの時点で結末が読めるように思いました。
 第7話の時点で、「その内に、ヒュージになるのではないかと予想します。」と記述したのですけれども、この予想とは異なる展開でした。しかしながら、結末は予想通りでした。
 変更されたエンディングの映像がよいと思いました。オープニングとエンディングのナレーションはありませんでした。

「魔女の旅々」第10話 ○
 この作品の世界観は、魅力的であると思います。
 映像が綺麗で動きもよく、エンディングの映像もよいと思います。物語の方は、「キノの旅」(時雨沢恵一の作品)との類似性を散見しますけれども、異なる作風であると思います。
 第10話で、シーラとフランの関係が明らかとなりました。
 フランの師匠といえば… なのですけれども、どうやら、そのとおりのようでした。
 今回もサヤが登場していたことが印象的でした。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ」第10話
 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」(2015年、2019年のアニメ)の本伝の第3期です。
 第10話で、ナァーザ・エリスイスが突然登場したのですけれども、少なくともアニメでは、主人公(ベル・クラネル)と親しいという描写がなかったため、唐突に思えました。

「トニカクカワイイ」第10話
 題名の割には、キャラクタデザインがよくないと思います。
 第10話は、夫婦の恥ずかしいことよりも、揚げ物なんぞの作り方を自慢げに描写していることの方が恥ずかしいと思いました。

「半妖の夜叉姫」第10話
 「犬夜叉」(2000年~2004年、2009年~2010年のアニメ)の続編とのこと。同じくサンライズが制作した「犬夜叉 完結編」の時期の作画にくらべると劣っているように見えてしまう点とオープニング主題歌が本編の作風にまったく合っていない点が非常に残念です。
 第10話は、そもそも、日暮とわ や せつな は、何ゆえ虹色真珠を持っているのかが謎であると思いました。

「戦翼のシグルドリーヴァ」第9話
 一見、「荒野のコトブキ飛行隊」(2019年のアニメ)のような作風かと思いきや、独特の世界観であると思います。
 第9話のお守りだけは、よいと思いました。

「魔法科高校の劣等生 来訪者編」第10話 ○
 「魔法科高校の劣等生」(2014年のアニメ)の第2期です。この作品は、最後まで視聴を継続します。
 第10話は、唐突に戦闘が開始されたように感じられる作風となっているなど、第9話以前とは、異質に思えました。作画も粗くなってしまっている点が残念に思えました。

「いわかける! -Sport Climbing Girls-」第10話
 スポーツクライミングを主題とした作品です。意外に面白いと思います。
 第10話は、ヒロイン(笠原好)の長所と短所が表裏一体であるかのように描かれている辺りが面白いと思いました。

「無能なナナ」第9話
 一見、「僕のヒーローアカデミア」(2016年~2019年のアニメ)を大雑把にしたような設定ですけれども、本質的には、「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation」(2013年のアニメ)のような作風に思えます。
 第9話で登場した人物は、服も能力なのでしょうか…
 最後の場面のヒロイン(柊ナナ)の台詞には、思わず、笑ってしまいました。

「神達に拾われた男」第9話
 映像的には、キャラクタデザインだけが取り柄で、動きや背景描写などは、今ひとつであると思います。
 物語の方は、「異世界はスマートフォンとともに。」(2017年のアニメ)との類似性を散見しますけれども、率直なところ、「神達に拾われた男」の方が遥かにつまらないです。
 今時、第8話のような表現は、拙いのではないかと思いました。

「ゴールデンカムイ(第三期)」第33話
 「ゴールデンカムイ」(2018年のアニメ)の第3期です。
 第33話は、キロランケの回想を主体とした描写で、白石の台詞にもあったように、現時点のアシリパの状況とは乖離しているように思えました。
 最後の場面で、鶴見が関与していたと明かしたことについては、何を表現したいのかわからないと思いました。

「魔王城でおやすみ」第9話 ○
 この作品は、面白いと思います。
 ヒロイン(スヤリス姫)のキャラクタデザインなど、往年の魔夜峰央の作品のような映像もよいと思います。
 第9話後半は、窒息死しそうになりました。笑いすぎて。第9話後半の水瀬いのり の演技は、上手いと思いました。
 魔王側のクエストのナレーションもよいと思いました。姫側のクエストの音楽が 2種類ともきちんと使用されていた点もよかったと思いました。

「くまクマ熊ベアー」第9話
 RPG のような異世界が舞台のようで、「インフィニット・デンドログラム」(2020年のアニメ)に似た設定であると思います。映像的に今ひとつで、どういう訳か、背景音楽を含めた音響が奇妙なほどよくないと思います。
 第5話以降、第9話のように、思い付きで中途半端な慈善事業を行っているという印象になってしまっている辺りがよくないと思いました。

「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」第9話 ○
 「ストライクウィッチーズ」(2008年、2010年のアニメ)の本伝の第3期です。
 このシリーズの本伝に関しては、新作が制作される度に映像の完成度が向上しているように思います。このシリーズの魅力は、可愛らしさではなく、格好よさであると私は思います。この作品は、最後まで視聴を継続します。
 第9話は、第2期で坂本美緒が果たしたような役目を第3期ではミーナ・ディートリンデ・ヴィルケが果たしているという観点で、感慨深いと思いました。

「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」第9話
 絵柄といい、設定の極端さといい、物語の展開の唐突さといい、往年の高河ゆん の漫画のようであると思います。
 第9話は、戦闘の結果、サリンジャーがどうなったのか、逃亡しているのだとしたら、帝国や皇庁は、それをどうしようとしてのかが描写からまったくわからない点が駄目であったと思いました。

「アクダマドライブ」第9話 ○
 物騒で混沌とした世界観が独創的であると思います。映像だけを見ると、「PSYCHO-PASS サイコパス 3」(2019年のアニメ)に近い作風と完成度の高さであると思います。物語の方は、どことなく、「十二大戦」(2017年のアニメ)に似ているようにも思います。
 第8話~第9話での医者の言動については、いかにもといった印象でした。
 第9話での暴動があまりに急展開で、実は、一般人が本当に特殊な存在なのではないかと疑いたくなりました。
 殺人鬼が一般人の味方につかなかった点は意外でした。しかも、本当に死亡したのか怪しいと思いました。

「安達としまむら」第9話
 少女(高校生1年生)たちの日常が綺麗な映像で描かれているという印象です。「電波女と青春男」(2011年のアニメ)と同一の原作者とのこと。
 第9話終盤で描かれたメッセージが懐かしいと思いました。第8話の占いは、伏線だったのですね…
 樽見については、意外な展開でした。

「ご注文はうさぎですか?BLOOM」第9話 ○
 きららアニメの最高峰である「ご注文はうさぎですか?」(2014年、2015年のアニメ)の待望の第3期なのですけれども、最高だった第2期にくらべると、今ひとつであると印象を否めないと思います。
 第9話のロゼは、美人過ぎると思いました。第3期の千夜は、妙に優しいと思いました。

「神様になった日」第9話
 P.A.WORKS の制作によるとても高品質な映像に加え、主題歌に やなぎなぎ を起用するという盤石の布陣なのですけれども、物語の方は、よくわからないというのが率直なところです。
 第9話は、「攻殻機動隊」(士郎正宗の作品)の第2巻辺りから盗んだような描写に見えてしまう辺りが悪印象であると思いました。また、鈴木央人が予想以上にガキくさく、がっかりでした。
 第8話の感想で、「「世界が終る」というのは、ひな が死ぬということなのでしょうか。」と記述したのですけれども、これについては、そのとおりでした。

「憂国のモリアーティ」第8話
 キャラクタデザインが私の好みではないのですけれども、「ジョーカー・ゲーム」(2016年のアニメ)と同じ監督と Production I.G の制作らしく、完成度の高い作品であると思います。本編の完成度が高いだけに、ダサいエンディング主題歌には、がっかりします。
 第7話以前のモリアーティ側の描写がシリアス一辺倒だったことにくらべ、第8話でのシャーロック・ホームズ側の描写には、ギャグが多いことが意外でした。

「おちこぼれフルーツタルト」第8話
 きららアニメです。売れないアイドルグループを主題とした作品のようです。舞台の東小金井は、懐かしく思います。同じ原作者の「ハナヤマタ」(2014年のアニメ)にくらべ、映像的に大きく劣っている点が残念に思います。中途半端な性的描画が混じっている点が致命的に駄目であると思います。
 アイドルグループが主題のはずなのに、第8話も、序盤から、いやらしくとか、変態とか、S とか、M などに本当にうんざりしました。

 前述以外で、視聴を継続しているアニメ:
  「ヒーリングっど プリキュア」(2020年2月開始のアニメ)
  「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」(2020年7月開始のアニメ)
  「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」(2020年10月開始のアニメ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント