2021年4月開始のアニメについて(その1)

今週は、まだ作品が出揃っていないという印象です。

「SHAMAN KING」第1話
 原作の知名度は高いのですけれども、私は読んだことがなく、「シャーマンキング」(2001年~2002年のアニメ)も視聴したことがありません。
 今期(2021年4月)開始の第1話を視聴した限りでは、低年齢層向けの作品のように思えました。

「ゴジラS.P<シンギュラポイント>」第1話
 第1話を視聴した限りでは、映像の完成度は、とても高いものの、物語がとっつき難い作品という印象でした。
 ゴジラという名を冠しているのに、「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」(1967年の実写映画)に似た場面があるのは、悪印象であると思いました。

「SSSS.DYNAZENON」第1話
 「SSSS.GRIDMAN」(2018年のアニメ)と同様のスタッフによる新作とのここと。
 第1話を視聴した限りでは、「SSSS.GRIDMAN」との関係が不明でした。

「灼熱カバディ」第1話
 カバディという競技を主題とした作品のようでした。
 第2話以降は、視聴しません。

「ましろのおと」第1話
 津軽三味線という主題はよいと思うのですけれども、物語の展開の非現実性にがっかりさせられました。
 口ピアスは、視野に入るのも嫌です。
 エンディング主題歌のダサいラップも不快でしたので、第2話以降は視聴しません。

「Vivy -Fluorite Eye's Song-」第1話~第2話 ○
 「プラスティック・メモリーズ」(2015年のアニメ)のヒロインのような非力な AI が「ターミネーター2」(1991年の実写映画)のような物語を演じることを強いられるような作品のように思えます。
 第1話を視聴した限りでは、とても面白いと思いました。

 前述以外で、視聴を継続しているアニメ:
  「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」(2020年10月開始のアニメ)
  「七つの大罪 憤怒の審判」(2021年1月開始のアニメ)
  「バック・アロウ」(2021年1月開始のアニメ)
  「トロピカル~ジュ!プリキュア」(2021年2月開始のアニメ)
  「僕のヒーローアカデミア 5th」(2021年3月開始のアニメ)