アクセスカウンタ

アニメの私記

プロフィール

ブログ名
アニメの私記
ブログ紹介
基本的には、次の2点を記述しています。

外部リンク
zoom RSS

2017年4月開始のアニメについて(その5)

2017/04/24 03:18
相変わらず、視聴が進んでいません。
Mastodon のアカウントを pawoo.net から friends.nico (https://friends.nico/@P_Gengen)に移しました。
とはいうものの、現時点では、まだ様子見程度です。

「僕のヒーローアカデミア」第17話
 第16話が山場でしたので、第17話は、谷間という印象ではあるのですけれども、物語自体が面白いと思います。

「進撃の巨人 Season 2」第29話 ○
 この作品は、とても好きです。
 オープニングの時点で、嬉しくなってしまい、オープニング主題歌(「心臓を捧げよ!」)の後半の連呼する歌詞には、昂揚感すら感じます。
 第28話の出来事に言及している辺りがよいと思いました。

「GRANBLUE FANTASY The Animation」第4話
 オープニング主題歌(「GO」)がとてもよいと思います。
 第4話は、ラカムの声の演技だけで成り立っているような作風であったと思いました。

「正解するカド」第3話 ○
 あの「翠星のガルガンティア」(2013年のアニメ)と同一の監督とのことで、類似性が見えるように思います。
 描こうとしていることの主題が「地球の静止する日」(1951年の実写作品)と類似していると思えてきました。
 しかしながら、この監督が如何に素晴らしい作品を制作しようとも、「鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星」(2011年の映画)というクソのようなもので過去の名作を汚した(原作が荒川弘の名作であるにもかかわらず、宮崎駿の往年の名作の猿真似のようなアニメにしてしまい、この結果、両者とも冒涜した)罪は、永遠に消えないと私は思っています。

「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」第3話 ○
 完成度の高さが継続しているように思います。
 しかしながら、「神撃のバハムート GENESIS」(2014年のアニメ)もそうだったのですけれども、オープニング主題歌の歌唱が悪趣味で、観る気が失せます。これは、この作品の唯一で最大の欠点であるとしかいいようがないと思います。

「ベルセルク」第15話
 今回のアニメ化に関しては、何も期待していません。

「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」第3話
 第1話の感想でも述べたのですけれども、Fateシリーズに登場する聖杯戦争の戦闘場面のようなものが一般人の目に留まってしまうという描写になっている辺りが面白いと思います。
 第3話に関しては、あっという間に終了したという印象でした。謎と思えるものが徐々に説明されていく展開には好感を持ちます。
 映像の完成度が今ひとつであることが非常に残念に思えます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

プロフィール

P-Gengen P-Gengen
アニメの私記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる