アクセスカウンタ

アニメの私記

プロフィール

ブログ名
アニメの私記
ブログ紹介
基本的には、次の2点を記述しています。

外部リンク
zoom RSS

2017年7月開始のアニメについて(その2)

2017/07/10 03:51
「賭ケグルイ」第2話
 ギャンブルは、嫌いです。
 しかしながら、第1話よりも面白いと思いました。
 「ちはやふる」(2011年、2013年のアニメ)の登場人物(競技かるたの選手)ならば、第2話で描かれているようなことが可能ではないかと思いました。「勝負師伝説 哲也」(2000年〜2001年のアニメ)にも同様のエピソードがあったことを思い出しました。

「ひなろじ〜from Luck & Logic〜」第2話
 第1話の感想で、「ラクエンロジック」(2016年のアニメ)の世界観が既知でないとついていけないのではないかと記述したのですけれども、第2話では、それなりに説明が行われたように思いました。

「Fate/Apocrypha」第2話
 登場人物の台詞には、Fate らしさが感じられるのですけれども、映像や主題歌などは、別物という印象で、戸惑いを禁じ得ないというのが率直なところです(EGOIST 自体は、よいと思うのですけれども、Fate の名を冠する作品の主題歌に向いているのかというと疑問に思います)。

「活撃 刀剣乱舞」第2話 ○
 第1話の感想で、映像だけを見ると、「Fate/Apocrypha」よりも「活撃 刀剣乱舞」の方が Fate らしく思えると記述したのですけれども、Kalafina の歌唱によるエンディング主題歌「百火撩乱」を聴くと、Fate が始まったような気分になってしまいます。

「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」第2話
 「戦姫絶唱シンフォギア」(2012年のアニメ)の第4期で、世界観や物語としては、「戦姫絶唱シンフォギアGX」(2015年のアニメ)の直接の続編に思えます。
 第1話で、S.O.N.G. が発展途上国の軍隊を無力化するという有様には、違和感があったのですけれども、第2話では、真の敵であるパヴァリア光明結社との対決が前面に出たため、シンフォギアらしくなってきたと思えました。

--
「ナイツ&マジック」第1話 ○
 とても面白いと思います。
 いわゆる異世界転生モノなのですけれども、量産品のハーレムアニメのような作風ではない点がよいと思います。
 また、近年のライトノベル原作のアニメにしては珍しく、主人公(エルネスティ・エチェバルリア)が客観的にも優秀な人材と認められる存在である辺りもよいと思います。

「潔癖男子!青山くん」第1話
 もしも、「黒子のバスケ」(2012年、2013年、2015年のアニメ)がアイデアだけであったならば、このような作品になっていたかも知れないと思いました。

「バトルガール ハイスクール」第1話
 同じようなゲーム原作の「スクールガールストライカーズ Animation Channel」(2017年のアニメ)に非常に似ていると思いました。
 映像の方は、「スクールガールストライカーズ Animation Channel」の方がよかったように思うのですけれども、「バトルガール ハイスクール」の方は、劇中での歌唱に注力しているようで、両者の相違が出ているように思いました。

「妖怪アパートの幽雅な日常」第1話
 30年位前の高橋留美子の作品を10年位前の作風のアニメにしたような作品であると思いました。

「恋と嘘」第1話
 SF的な設定が入っているのですけれども、物語自体は、学園を舞台とした恋愛モノであるように思います。
 高崎美咲の存在感を印象付ける花澤香菜の声の演技は、見所であると思います。

「異世界食堂」第1話
 ヒロイン(アレッタ)が主人公(店主)とともに朝食をとる場面の声の演技(上坂すみれ)が意外によいと思いました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

プロフィール

P-Gengen P-Gengen
アニメの私記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる