2019年10月開始のアニメについて(その1)

「慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~」第1話
 物語自体は、意外に面白いと思いました。映像の方は、今ひとつであると思いました。
 エンディング主題歌(「be perfect, plz!」)の曲がよいと思いました。
 視聴を継続すべきか否か悩ましいと思います。

「俺を好きなのはお前だけかよ」第1話
 序盤は、よくある学園を舞台とした成人男性向けのゲームを原作とするハーレムアニメのようだと思ったのですけれども、その後の展開が面白いと思いました。
 映像も、綺麗でよいと思いました。

「旗揚!けものみち」第1話
 序盤、本当に、元プロレスラーによるペットショップ経営の物語かと思いきや、まさかの異世界モノで、主人公(柴田源蔵)の異世界での行動が面白いと思いました。
 エンディング主題歌(「アネクドット」)の歌唱がよいと思いました。
 原作者が「この素晴らしい世界に祝福を!」(2016年、2017年のアニメ)と同一であるため、前評判が高いようですけれども、「旗揚!けものみち」に関しては、視聴を継続すべきか否か悩ましいと思います。

「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」第1話
 前半、ヒロイン(リルル)が主人公(御子神司)に食事を与える場面で、視聴を打ち切ってやろうかと思いました。
 エルフや獣人の外見よりも、主人公のオッドアイの方が奇怪に思えます。
 綺麗な映像と主要登場人物を指揮する主人公の言動だけは、よいと思いました。

「アズールレーン」第1話
 私は、この作品の原作となっているゲームのことを全く知りません。
 キャラクタデザインについては、同じような作風の「艦隊これくしょん -艦これ-」(2015年のアニメ)に似ていると思いましたけれども、設定については、「蒼き鋼のアルペジオ -ARS NOVA-」(2013年のアニメ)の方に近いと思いました。
 映像がとても美しいと思いました。

「放課後さいころ倶楽部」第1話
 ボードゲームを主題とした作品で、物語自体はよいと思いました。
 オープニング主題歌(「Present Moment」)がポジティブでよいと思いました。しかしながら、エンディング主題歌は、歌唱が今ひとつであると思いました。
 ヒロイン(武笠美姫)が私の好みではないため、視聴を継続しない方針としました。ヒロインを許容できる人にとっては、よい作品ではないかと想像します。

「ゾイドワイルド ZERO」第1話
 背景描写や CG によるゾイドの描写はよいと思うのですけれども、キャラクタデザインやキャラクタの作画は、今ひとつであると思いました。
 新作アニメが多数放送されている状況のため、この作品に付き合う余裕はないというのが実状です。

「厨病激発ボーイ」第1話
 映像については、好みが分かれる作風であると思います。物語の方は、意外に面白いと思いました。
 「ヒヒイロカネ」と筆箱には、笑ってしまいました。
 新作アニメが多数放送されている状況のため、この作品に付き合う余裕はないというのが実状です。

「GRANBLUE FANTASY The Animation Season2」第1話
 「GRANBLUE FANTASY The Animation」(2017年のアニメ)の第2期です。第1期は、率直なところ、BUMP OF CHICKEN が担当したオープニング主題歌(「GO」)が素晴らしかったという印象しか残っていないです。
 第1期の第12話がまるで連載漫画の打ち切りのようで、第1期の最終回が番外編のような作風でしたので、第2期は、物語が継続しないのではないかと予想していたのですけれども、さにあらずで、何事もなかったかのように継続させている辺りが上手いと思いました。
 映像の方は、第1期のような癖のある絵柄ではなく、まともなアニメになったという印象でした。
 オープニング主題歌(「Stay With Me」)とエンディング主題歌(「蒼」)もよいと思いました。

「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」第1話
 Fate の本伝である聖杯戦争は描写されておらず、「活撃 刀剣乱舞」(2017年のアニメ)に登場した刀剣男士の任務をサーヴァントとそのマスターが担っているような設定のように思えました。
 映像の完成度がとても高いと思いました。

「この音とまれ!」第14話
 第14話は、泣かせるような描写の連続であったと思いました。
 そのことよりも、主人公(久遠愛)の怪我が気になりました。来栖妃呂が目立たない人になってしまっているように思いました。

「戦×恋(ヴァルラヴ)」第1話
 第1話前半で爆睡してしまいました(録画で視聴し直しました)。
 「デート・ア・ライブ」(2013年、2014年、2019年のアニメ)を小規模にしたような設定であると思いました。
 背景描写だけはよいと思いました。
 第2話以降は、視聴したくないと思いました。

 前述以外で、視聴を継続しているアニメ:
  「スター☆トゥインクルプリキュア」(2019年2月開始のアニメ)
  「キャロル&チューズデイ」(2019年4月開始のアニメ) (最終回)
  「Dr.STONE」(2019年7月開始のアニメ)
  「ありふれた職業で世界最強」(2019年7月開始のアニメ)
  「BEM」(2019年7月開始のアニメ)
  「ハイスコアガール」(2019年の OVA)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント