2020年4月開始のアニメについて(その1)

「八男って、それはないでしょう!」第1話
 いわゆる異世界転生モノで、本編は、今ひとつなのですけれども、主題歌だけは、オープニング(「時空の迷い人」)が豪華で、エンディング(「月明かりのMonologue」)も、よいと思いました。
 第1話を観た限りでは、物語が面白いか否かは、今後の展開次第であると思いました。
 主人公(ヴェンデリン)も含め、固有名詞がやたらと憶え難いです。アルフレッドは、エルフかと思いました。

「球詠」第1話
 きららアニメなのですけれども、キャラクタデザインと作画が残念な感じです。
 物語の方は、高校の女子野球部をめぐる友情が描かれるようです。

「かくしごと」第1話 ○
 往年の鈴木英人のイラストのような映像が見事であると思います。
 物語の方も意外に面白いと思いました。これには、主人公(後藤可久士)の声を担当する神谷浩史の演技力の寄与が大きいと思いました。
 代官山には、私が大学生だった頃から、専門書しか置いていない書店があったと記憶しているのですけれども、当時、第1話に登場したような立派な建築物は、なかったように思います。
 エンディング主題歌の選曲(「君は天然色」)が素晴らしいと思います。映像の作風に合っているという観点でも素晴らしいと思います。オープニング主題歌(「ちいさな日々」)もよいと思います。

「文豪とアルケミスト」第1話
 同名のゲームが原作とのこと。やっていることは、同じようなゲームが原作の「刀剣乱舞」に似ていると思います。
 映像の完成度は高いと思うのですけれども、主題歌やキャラクターデザインが見るからに腐女子向けであるため、そのような作風に抵抗がある人にとっては、視聴すること自体が困難ではないかと想像します。

「LISTENERS」第1話
 マクロスシリーズのようなことを地上で行っているという印象です。
 第1話を観た限りでは、世界観や物語の展開が「交響詩篇エウレカセブン」(2005年~2006年のアニメ)の序盤に似ていると思いました。
 映像の完成度は高いと思うのですけれども、キャラクタデザインが嫌過ぎると思いました。また、登場人物にまったく共感できないと思いました。

「波よ聞いてくれ」第1話 ×
 低予算な実写の日本映画のような作風であると思いました。キャラクタデザインが残念であると思いました。
 FM放送のわざとらしい英語の発音が写実的であると思いました。
 「B型はクソ」は、真実であると思います(私がそうです)。しかしながら、「東京もんは冷たい」などと喧嘩を売られたからには、2度と視聴しません。

「アルテ」第1話
 オープニング主題歌(「クローバー」)が素晴らしいと思ったら、坂本真綾の作品でした。エンディング主題歌(「晴れ模様」)もよいと思います。
 第1話終盤、雨漏りしなかったことが奇跡のようだと思いました。そもそも、ヒロイン(アルテ)の荷物は、どのように運び込んだのでしょうか。

「ギャルと恐竜」第1話 ×
 つまらないです。第1話以降は、視聴しません。

「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」第1話
 いわゆる異世界転生モノで、ひねくれた設定ですけれども、意外に完成度が高く、面白いと思いました。
 ヒロイン(カタリナ・クラエス)は、一歩間違うと、「私、能力は平均値でって言ったよね!」(2019年のアニメ)のヒロイン(マイル)と同じ道を歩みそうに思いました。

「イエスタデイをうたって」第1話
 アニメの完成度が高いため、興味を惹かれるのですけれども、第1話を観た限りでは、物語が低予算な実写の日本映画のようで、私の好みではありません。
 主人公(魚住陸生)には、まったく共感できないのですけれども、Canon F1 とは、随分と難しい(素人が趣味で使うようなものではない)ものを所持していると思いました。
 この作品の聖地は、私の自宅の近所のようなのですけれども、今のご時勢では、主人公や野中晴のような不潔な奴が存在する所為で、武漢ウイルス(COVID-19)が蔓延してしまうという嫌悪を感じてしまいます。

「トミカ絆合体 アースグランナー」第1話
 低年齢層向けの作品です。
 東映特撮のスーパー戦隊の後半の戦闘場面だけをアニメでやっているような印象で、敵がプリキュアシリーズの敵のようです。
 「絆」ということばを軽々しく連呼している時点で、視聴を継続する気が失せました。
 ナレーションだけは、面白いと思いました。

「ミュークルドリーミー」第1話
 プリキュアシリーズのような作風ですけれども、残念なことに、プリキュアシリーズが如何に優れているかを再認識させられてしまうような作品であると思います。

 前述以外で、視聴を継続しているアニメ:
  「僕のヒーローアカデミア 4th」(2019年10月開始のアニメ)(最終回)
  「Re:ゼロから始める異世界生活 新編集版」(2020年1月開始のアニメ)(最終回)
  「インフィニット・デンドログラム」(2020年1月開始のアニメ)
  「とある科学の超電磁砲T」(2020年1月開始のアニメ)
  「ドロヘドロ」(2020年1月開始のアニメ)(最終回)
  「BanG Dream! 3rd Season」(2020年1月開始のアニメ)
  「ケンガンアシュラ」(2020年1月地上波放送開始のアニメ)
  「7SEEDS」(2020年1月地上波放送開始のアニメ)(最終回) ×
  「ヒーリングっど プリキュア」(2020年2月開始のアニメ)
  「新サクラ大戦 the Animation」(2020年4月開始のアニメ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント