2020年4月開始のアニメについて(その2)

「八男って、それはないでしょう!」第2話
 いわゆる異世界転生モノで、本編につりあわぬほど、オープニング主題歌(「時空の迷い人」)が豪華で、エンディング主題歌(「月明かりのMonologue」)も、よいと思います。
 第1話を観た限りでは、今ひとつと思ったのですけれども、第2話は、よいと思いました。

「かくしごと」第2話 ○
 オープニングとエンディングにおける往年の鈴木英人のイラストのような映像が見事で、エンディング主題歌の選曲(「君は天然色」)も、映像の作風に合っているという観点で素晴らしいと思います。オープニング主題歌(「ちいさな日々」)もよいと思います。
 第1話を観た時点では、本編の映像も見事だと思ったのですけれども、第2話で一気に衰えたように見えました。
 物語の面白さも、主人公(後藤可久士)の声を担当する神谷浩史の演技力が頼みの綱となってしまっているように思いました。
 最後の場面が本編と呼応している点だけは、よいと思いました。
 不審者を捕える器具が現代的であると思いました。

「LISTENERS」第2話
 この作品は、キャラクタデザインが私の好みではないというのが率直なところです。
 第1話を観た時点では、マクロスシリーズのようなことを地上で行っているという印象だったのですけれども、第2話では、何を描きたいのかがわからなくなったように思います。おそらく、「交響詩篇エウレカセブン」(2005年~2006年のアニメ)のような作風を目指しているのではないかと思います。

「アルテ」第2話
 オープニング主題歌(坂本真綾の「クローバー」)とエンディング主題歌(「晴れ模様」)がよいと思います。
 物語の主題や登場人物の思想は、改革や転換が扱われているのですけれども、表現の方法には、少女漫画に特有と思えるものを散見します。
 第1話での小屋への自分の荷物の搬入と第2話での小屋の修理の時点で充分に筋力がついていたため、後半の課題などあっさりとこなせてしまうという展開かと思いました。

「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」第2話 ○
 今期(2020年4月)開始のアニメの中では、面白い作品であると思います。
 「キャンディ・キャンディ」(1976年~1979年のアニメ)に登場したイライザ・ラガンのようなヒロインを異世界転生者の視点で描いたような作風で、いわゆる異世界転生モノでありながら、戦闘主体ではなく、少女漫画の貴族の日常のようなものが描かれている辺りも面白いと思います。
 第2話は、背景のセンスがよいと思いました。

「イエスタデイをうたって」第2話
 第2話までは、視聴したのですけれども、視聴を打ち切りました。理由は、第1話の感想で記述したとおりです。
 映像の完成度は高いですので、実写のドラマのような物語が好きな人にとっては、よい作品ではないかと想像します。

「継つぐもも」第1話
 「つぐもも」(2017年のアニメ)の第2期です。
 一体、いつの時代の少年漫画かと思うような古臭さが漂っているように思います。
 第1期の感想でも記述したのですけれども、私の好みではありません。

「グレイプニル」第1話
 いわゆる異能バトルもののようです。
 やつれたようなキャラクタデザインは、好みではないのですけれども、物語の流れがよいと思いました。
 本編の背景音楽とエンディング主題歌(「雨と体液と匂い」)がよいと思いました。

「社長、バトルの時間です!」第1話
 ゆるい RPG のような世界観です。同名のゲームが原作とのこと。
 第1話を観た限りでは、ゆるすぎるという印象でした。

「白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」第1話
 中二病全開な世界観という印象です。同名のゲームが原作とのこと。
 第1話を観た限りでは、物語の展開が粗過ぎるという印象でした。
 本編は、今ひとつだと思うのですけれども、主題歌は、オープニング(「天秤-Libra-」)が豪華で、エンディング(「through the dark」)もよいと思いました。
 
「プリンセスコネクト!Re:Dive」第1話
 RPG のような世界観です。同名のゲームが原作とのこと。
 第1話を観た限りでは、映像の完成度がとても高いと思いました。

「フルーツバスケット 2nd season」第1話 ○
 「フルーツバスケット 1st season」(2019年のアニメ)の第2期です。
 この作品は、最後まで視聴を継続します。

「シャドウバース」第1話
 低年齢層向けの作品です。

「放課後ていぼう日誌」第1話
 釣りを部活動とする地方の女子高生たちの物語のようです。
 キャラクタデザインは、今ひとつであると思うのですけれども、生物や釣りの写実的な描写は、よいと思いました。
 新作アニメが少ない状況であれば、視聴を継続したいところなのですけれども、難しいです。

「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第2部」第15話
 「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」(2019年のアニメ)の第2部です。
 残念なキャラクタデザインは、相変わらずなのですけれども、物語は、面白いと思います。
 エンディング主題歌(やなぎなぎ の「エフェメラをあつめて」)がよいと思います。
 この作品は、最後まで視聴を継続します。

「BNA」第1話
 人間と獣人が対立する世界の物語のようです。
 「リトルウィッチアカデミア」(2017年のアニメ)の監督とスタッフとのことで、見るからに TRIGGER の制作らしい作風になっていると思います。

「富豪刑事 Balance:UNLIMITED」第1話
 見るからに、つまらない実写ドラマの原作にされそうな作風だと思ったのですけれども、深田恭子主演の「富豪刑事」(2005年の実写作品)と同一の原作とのこと。そういえば、そのようなものがありましたね…
 第1話を観た限りでは、映像の完成度は高いと思うのですけれども、物語の方は… 途中で眠ってしまいました。

「天晴爛漫!」第1話
 第1話を観た限りでは、「ワイルド・ワイルド・ウエスト」(1999年の実写作品)の和風版のような世界観だと思いました。
 P.A.WORKS の制作らしく、アニメとしての完成度は高いのですけれども、何を描きたいのか判然としないと思いました。

「ハクション大魔王2020」第1話
 「ハクション大魔王」(1969年~1970年のアニメ)の 50年後の続編という設定のようです。
 私は、前作の本放送を視聴していたのですけれども、今更、続編を制作するような作品ではないと思っていました。
 しかしながら、第1話を観た限りでは、意外に面白いと思ってしまいました。

「かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~」第1話 ○
 「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」の第2期です。
 この作品は、面白いと思います。
 この作品は、最後まで視聴を継続します。

 前述以外で、視聴を継続しているアニメ:
  「とある科学の超電磁砲T」(2020年1月開始のアニメ)
  「BanG Dream! 3rd Season」(2020年1月開始のアニメ)
  「ケンガンアシュラ」(2020年1月地上波放送開始のアニメ)
  「ヒーリングっど プリキュア」(2020年2月開始のアニメ)
  「新サクラ大戦 the Animation」(2020年4月開始のアニメ)
  「無限の住人-IMMORTAL-」(2020年4月地上波放送開始のアニメ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント