2021年4月開始のアニメについて(その4)

「ゴジラS.P<シンギュラポイント>」第4話 ○
 この作品は面白いと思います。
 映像の完成度の高さが印象的ですけれども、それだけはなく、物語もよく考えられているように思えます。
 第4話で、登場人物が増えたように思いました。

「SSSS.DYNAZENON」第4話
 「SSSS.GRIDMAN」(2018年のアニメ)と同様のスタッフによる新作とのここと。「SSSS.GRIDMAN」との関係は謎といったところでしょうか。
 オープニング主題歌(オーイシマサヨシの「インパーフェクト」)がとてもよいと思いました。
 第4話は、濃厚接触者でした。

「Vivy -Fluorite Eye's Song-」第5話 ○
 「プラスティック・メモリーズ」(2015年のアニメ)のヒロインのような非力な AI が「ターミネーター2」(1991年の実写映画)のような物語を演じることを強いられるような作品のように思えます。
 第5話に限ったことではないのですけれども、歴史の分岐点にのみマツモトが目覚めるという設定には、「ファウンデーション」(アイザック・アシモフの小説)とも類似性しているように思いました。

--

「憂国のモリアーティ」第14話
 「憂国のモリアーティ」(2020年のアニメ)の第2クールです。
 「ジョーカー・ゲーム」(2016年のアニメ)と同じ監督と Production I.G の制作らしく、完成度の高い作品であると思います。本編の完成度が高いだけに、Lantisレーベルの量産品のようなエンディング主題歌には、がっかりします。
 第14話の結末には、時代が違うとしか思えませんでした。

「NOMAD メガロボクス2」第3話
 「メガロボクス」(2018年のアニメ)の続編とのこと。
 オープニングとエンディングがよいと思います。
 第3話で、主人公の挫折の原因がようやく明らかとなったように思いました。

「フルーツバスケット The Final」第3話
 「フルーツバスケット」(2019年、2020年のアニメ)の第3期です。
 第1期、第2期とも、オープニングが素晴らしかったのですけれども、第3期は、オープニングが駄目になってしまい、残念に思いました。
 第1期は、隅々まで研ぎ澄まされたような作画だったのですけれども、第2期は、作画が駄目になってしまったという経緯があります。
 第3期第2話までは、第2期よりはましな作画に見えたのですけれども、第3話で早くも衰えが見えたように思えました。

「転生したらスライムだった件 転スラ日記」第3話
 「転生したらスライムだった件 転スラ日記」の派生作品のひとつとのこと。
 ギャグ主体の作品というよりは、本伝を補足する作品のように思えます。
 第2話は今ひとつだと思ったのですけれども、第3話に関しては、本伝を超える完成度ではないかと思いました。

「聖女の魔力は万能です」第3話 ○
 いわゆる異世界召喚モノですけれども、設定や人物の描写が少女漫画のようである点が印象的であると思います。オープニングの映像もよいと思います。
 第3話は、作画が安定した上、物語としても面白くなったように思いました。
 よくなってきたが故に、映像的に20~30年前のアニメのようである点が残念に思えてきました。

「擾乱 ~愛と悲しみの山河編~」第3話
 徳川政権が明治まで継続している日本を舞台とした異能バトルものといった印象です。
 第3話で、わざわざ掃除屋をだます理由がわからないと思いました。

「MARS RED」第3話
 大正時代の東京を舞台とした吸血鬼とそれを抑制(もしくは、その力を利用)しようとする軍人の物語のようです。
 アニメの完成度が今ひとつである点が残念に思えます。
 第2話では、前田義信も常人ではないように見えたのですけれども、第1話、第3話では、白昼に活動しているように見え、よくわからないと思いました。第3話Bパート終了間際の描写は、単なる疲労なのでしょうか。

「究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら」第3話
 第2話までは、ひとつの場面をいちいち引き延ばし過ぎているために物語の流れが遅いと思っていたのですけれども、第3話に至っては、つまらないと思いました。
 エンディング主題歌でのアリシアの声が面白いということ以外には、何のとりえもないように思えてきました。

「スーパーカブ」第3話 ○
 写実的な映像で、淡々とした描写が魅力的であると思います。
 地方を舞台としている点も奏功していると思います。
 第3話は、地方銀行か何かの外交員のようだと思いました。

「ゾンビランドサガ リベンジ」第3話
 「ゾンビランドサガ」(2018年のアニメ)の第2期です。
 第3話から、物語が一気にシリアスな作風になったように思いました。
 紺野純子の歌唱の場面がよいと思いました。また、久しぶりにゾンビらしい描写があった点もよいと思いました。

「すばらしきこのせかい The Animation」第3話
 アクションRPG を原作としたアニメとのこと。
 原作となっているゲームについては、知らないのですけれども、いわゆるデスゲームもので、「ダーウィンズゲーム」(2020年のアニメ)を幼児向けにしたような作風であると思います。
 第3話の結末が面白いと思いました。

「BLUE REFLECTION RAY/澪」第3話
 こちらも、RPG を原作としたアニメとのこと。
 原作となっているゲームについては、知らないのですけれども、アニメは、いわゆる魔法少女同士の対戦を描いた作品のようです。
 キャラクタ原案が著名で、ゲームの映像が美麗であるのにくらべ、アニメの作画があまりにも酷い点が悲惨であると思います。
 第3話に至っては、作画が悲惨なだけでなく、演出的に物事の描き方がのろ過ぎるために、非常につまらなく思えました。

「86―エイティシックス―」第3話
 デストピア的な国家での戦争を描く作品のようです。
 第3話で、キャラクタの作画が一気に衰えたように見えました。
 物語の方は、慣れてきたところで、こうなるという典型に思えました。

「シャドーハウス」第3話 ○
 独創的な世界観とそれを描き出す映像の徹底ぶりが見事であると思います。
 エンディング主題歌(ReoNa の「ないない」)もよいと思います。
 第3話での描写から、すすには、予想以上の意味があるように思えました。
 また、生き人形の性格や知性の相違は、人間が拉致されていることを示唆しているのではないかと思いました。

「EDENS ZERO」第3話
 「FAIRY TAIL」(2009年~2019年のアニメ)と同一の原作者による新作のアニメ化とのこと。
 幼児向けの物語が深夜に放送されているという印象です。
 第3話は、序盤のうんこ意外には、面白いと思えるものが何もありませんでした。

「美少年探偵団」第3話
 見るからに新房昭之とシャフトの制作らしい映像に加え、物語の屁理屈くささも西尾維新による原作らしいと思います。
 第3話のこじつけにこじつけを重ねたような展開と結末がいかにも西尾維新の作品らしいと思いました。

「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」第3話
 社畜なんぞといっている時点で、2度と視聴してやらないところなのですけれども、似たような設定で非常につまらないアニメだった「神達に拾われた男」(2020年のアニメ)や「くまクマ熊ベアー」(2020年のアニメ)にくらべれば、遥かにましであると思います。
 面白いのですけれども、第3話前半のような安易なエロはよくないと思いました。

--

「不滅のあなたへ」第2話
 中身は、イヌのままのようです…

「セスタス -The Roman Fighter-」第2話
 帝政ローマを舞台とした拳闘士の物語のようです。
 第2話後半が CGアニメだったことから推測するに、第1話本編が CGアニメではなかった原因は、幼少期のモデルを用意していなかったことではないかと思えてきました。
 第3話からが本番といったところでしょうか。

 前述以外で、視聴を継続しているアニメ:
  「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」(2020年10月開始のアニメ)
  「七つの大罪 憤怒の審判」(2021年1月開始のアニメ)
  「蜘蛛ですが、なにか?」(2021年1月開始のアニメ)
  「バック・アロウ」(2021年1月開始のアニメ)
  「トロピカル~ジュ!プリキュア」(2021年2月開始のアニメ)
  「僕のヒーローアカデミア 5th」(2021年3月開始のアニメ)
  「戦闘員、派遣します!」(2021年4月開始のアニメ)

2021年4月開始のアニメについて(その3)

「ゴジラS.P<シンギュラポイント>」第3話 ○
 この作品は面白いと思います。
 映像の完成度の高さが印象的ですけれども、それだけはなく、物語もよく考えられているように思えます。
 第3話は、音楽がよいと思いました。

「SSSS.DYNAZENON」第3話
 「SSSS.GRIDMAN」(2018年のアニメ)と同様のスタッフによる新作とのここと。「SSSS.GRIDMAN」との関係は謎といったところでしょうか。
 オープニング主題歌(オーイシマサヨシの「インパーフェクト」)がとてもよいと思いました。
 第2話までは、謎だらけに思えていたのですけれども、第3話で、ある程度は、明かされたよう思えました。

「Vivy -Fluorite Eye's Song-」第4話 ○
 「プラスティック・メモリーズ」(2015年のアニメ)のヒロインのような非力な AI が「ターミネーター2」(1991年の実写映画)のような物語を演じることを強いられるような作品のように思えます。
 第4話で、AI の行動が一気に感情論的になってしまった点が残念に思えました。
 今後も、テロリストは、しつこく再登場するのでしょうか。

--

「憂国のモリアーティ」第13話
 「憂国のモリアーティ」(2020年のアニメ)の第2クールです。
 「ジョーカー・ゲーム」(2016年のアニメ)と同じ監督と Production I.G の制作らしく、完成度の高い作品であると思います。本編の完成度が高いだけに、Lantisレーベルの量産品のようなエンディング主題歌には、がっかりします。
 第13話は、アルバート・ジェームズ・モリアーティが表立った行動に出ていた点が印象的でした。

「NOMAD メガロボクス2」第2話
 「メガロボクス」(2018年のアニメ)の続編とのこと。
 オープニングとエンディングがよいと思います。
 原典では、力石徹との決戦の後に長い挫折がありましたけれども、この作品では、南部贋作(原典の丹下段平に相当する登場人物)の死が挫折の原因なのでしょうか。

「フルーツバスケット The Final」第2話
 「フルーツバスケット」(2019年、2020年のアニメ)の第3期です。
 第1期、第2期とも、オープニングが素晴らしかったのですけれども、第3期は、オープニングが駄目になってしまい、残念に思いました。
 第1期は、隅々まで研ぎ澄まされたような作画だったのですけれども、第2期は、作画が駄目になってしまったという経緯があります。
 第3期第2話までは、第2期よりはましな作画に見えたのですけれども、最後まで維持できるでしょうか。

「転生したらスライムだった件 転スラ日記」第2話
 「転生したらスライムだった件 転スラ日記」の派生作品のひとつとのこと。
 ギャグ主体の作品というよりは、本伝を補足する作品のように思えます。
 キャラクタの作画については、本伝との相違を散見するのですけれども、第2話を観ると、ゴブタだけは、本伝との相違がないように思えました。

「聖女の魔力は万能です」第2話
 いわゆる異世界召喚モノです。
 第2話で公開されたオープニングの映像がよいと思いました。
 第1話を視聴した時点では、さんざん宣伝していた割には、今ひとつと思ったのですけれども、少女漫画のような作風であると知ってしまえば、意外によいと思えてきました。

「擾乱 ~愛と悲しみの山河編~」第2話
 徳川政権が明治まで継続している日本を舞台とした異能バトルものといった印象です。
 第2話で、ヒロイン(雪村咲羽)の素性は明らかとなったように思うのですけれども、鵺という組織、もしくは、徳川政権は、まだ何かを隠しているといったところでしょうか。

「MARS RED」第2話
 大正時代の東京を舞台とした吸血鬼とそれを抑制しようとする軍人の物語のようです。
 アニメの完成度が今ひとつである点が残念に思えます。
 第1話では伏せられていた零機関の実態が第2話で明らかとなったといった印象でした。

「究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら」第2話
 エンディング主題歌では、アリシアの声が面白いと思ったのですけれども、第2話本編では、今ひとつに思えました。
 第2話も、物語の流れが遅すぎる(いちいち話を引き延ばし過ぎている)と思いました。

「スーパーカブ」第2話 ○
 写実的な映像で、淡々とした描写が魅力的であると思います。
 地方を舞台としている点も奏功していると思います。

「ゾンビランドサガ リベンジ」第2話
 「ゾンビランドサガ」(2018年のアニメ)の第2期です。
 第2話は、第1期中盤辺りの作風にもどったかのような印象でした。

「すばらしきこのせかい The Animation」第1話~第2話
 アクションRPG を原作としたアニメとのこと。
 原作となっているゲームについては、知らないのですけれども、いわゆるデスゲームもので、「ダーウィンズゲーム」(2020年のアニメ)を幼児向けにしたような作風であると思います。

「BLUE REFLECTION RAY/澪」第1話~第2話
 こちらも、RPG を原作としたアニメとのこと。
 原作となっているゲームについては、知らないのですけれども、アニメは、いわゆる魔法少女同士の対戦を描いた作品のようです。
 第1話を視聴した時点では、訳がわからないと思ったのですけれども、第2話で描かれた敵陣営がやろうとしていることがプリキュアシリーズに登場する魔物などがやるようなことである点が奇妙であると思いました。
 キャラクタ原案が著名で、調べた限りでは、ゲームの映像が美麗であるのにくらべ、アニメの作画があまりにも酷い点が悲惨であると思いました。

「86―エイティシックス―」第2話
 デストピア的な国家での戦争を描く作品のようです。
 第1話の感想で記述したようなことが最終話近辺で明らかとなるとかいう展開かと思っていましたので、第2話でのヒロイン(ヴラディレーナ・ミリーゼ)が事実を知っているという描写が意外に思えました。

「シャドーハウス」第2話 ○
 独創的な世界観とそれを描き出す映像の徹底ぶりが見事であると思います。
 エンディング主題歌(ReoNa の「ないない」)もよいと思います。
 第1話を視聴した時点では、すすは、何かの比喩かも知れないと推測していたのですけれども、本当にすすが出ているという設定であることが第2話で明らかとなったように思います。
 また、生き人形の真の目的も垣間見えたように思いました。

「EDENS ZERO」第2話
 「FAIRY TAIL」(2009年~2019年のアニメ)と同一の原作者による新作のアニメ化とのこと。
 幼児向けの物語が深夜に放送されているという印象です。
 第2話序盤で描かれた補正が残念…
 というのはさておき、結末は、幼児が視聴したら泣きそうである(いわゆるトラウマになりそう)と思いました。

「美少年探偵団」第2話
 見るからに新房昭之とシャフトの制作らしい映像に加え、物語の屁理屈くささも西尾維新による原作らしいと思います。
 しかしながら、エンディング主題歌の曲が量産品のような代物である点が非常に残念であると思います。
 第2話は、なにゆえ、初音ミクなのかと思いました。

「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」第1話~第2話
 社畜なんぞといっている時点で、2度と視聴してやらないところなのですけれども、似たような設定で非常につまらないアニメだった「神達に拾われた男」(2020年のアニメ)や「くまクマ熊ベアー」(2020年のアニメ)にくらべれば、遥かにましであると思います。

--

「東京リベンジャーズ」第1話 ×
 共感できる部分が何ひとつないと思いました。
 2度と視聴しません。

「不滅のあなたへ」第1話
 それを観察する私が何であるのかが気になりました。

「セスタス -The Roman Fighter-」第1話
 帝政ローマを舞台とした拳闘士の物語のようです。
 予告を視聴した時点では、CGアニメの作品かと思ったのですけれども、実は、プロローグのみが CGアニメという有様で、姑息であると思いました。

 前述以外で、視聴を継続しているアニメ:
  「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」(2020年10月開始のアニメ)
  「七つの大罪 憤怒の審判」(2021年1月開始のアニメ)
  「蜘蛛ですが、なにか?」(2021年1月開始のアニメ)
  「バック・アロウ」(2021年1月開始のアニメ)
  「トロピカル~ジュ!プリキュア」(2021年2月開始のアニメ)
  「僕のヒーローアカデミア 5th」(2021年3月開始のアニメ)
  「戦闘員、派遣します!」(2021年4月開始のアニメ)

2021年4月開始のアニメについて(その2)

 視聴が追いついていない状況です。

「ゴジラS.P<シンギュラポイント>」第2話 ○
 映像の完成度がとても高い作品であると思います。
 第1話を視聴した時点では、とっつき難いという印象でしたけれども、第2話の戦闘場面は意外によいと思いました。

「SSSS.DYNAZENON」第2話
 「SSSS.GRIDMAN」(2018年のアニメ)と同様のスタッフによる新作とのここと。「SSSS.GRIDMAN」との関係は謎といったところでしょうか。
 オープニング主題歌(オーイシマサヨシの「インパーフェクト」)がとてもよいと思いました。

「Vivy -Fluorite Eye's Song-」第3話 ○
 「プラスティック・メモリーズ」(2015年のアニメ)のヒロインのような非力な AI が「ターミネーター2」(1991年の実写映画)のような物語を演じることを強いられるような作品のように思えます。
 第3話の「サンライズ」とは、コロニー落としという意味でしょうか。

--

「ドラゴン、家を買う。」第1話
 映像も物語も今ひとつで、ナレーションがものまねかと思いきやまさかの本人というのが唯一の取り柄という有様でした。
 ギャグの方は、「登場する団体、名称、法律等は、異世界で実在するものとは、一切関係ありません。」(異世界の実在を肯定してしまっているように読める)という冒頭の字幕が最も印象的でした。
 主人公(レティ)の声が作り声になり過ぎてしまっている点が最大の欠点であると思いました。
 主題歌はよいと思いました。
 第2話以降は、視聴しません。

「憂国のモリアーティ」第12話
 「憂国のモリアーティ」(2020年のアニメ)の第2クールです。
 「ジョーカー・ゲーム」(2016年のアニメ)と同じ監督と Production I.G の制作らしく、完成度の高い作品であると思います。本編の完成度が高いだけに、Lantisレーベルの量産品のようなエンディング主題歌には、がっかりします。
 第12話で明かされたシャーロック・ホームズに兄がいるという設定は、原典にもあるのですけれども、偶然にもモリアーティと繋がってしまうという展開は、この作品らしいと思いました。

「NOMAD メガロボクス2」第1話
 「メガロボクス」(2018年のアニメ)の続編とのこと。
 原典では、力石徹との決戦の後に長い挫折がありましたけれども、この作品では、どのような経緯でドサ回りとなっているのか明かされておらず、気になるところです。

「さよなら私のクラマー」第1話
 女子サッカーを主題とした作品のようでした。
 同じ原作者の「四月は君の嘘」(2014年のアニメ)にくらべると、見所のない作品としか思えませんでした。
 第2話以降は、視聴しません。

「戦闘員、派遣します!」第1話
 題名から、東映特撮モノに登場する戦闘員、もしくは、スタントマンの悲哀を描く作品を期待していたのですのですけれども、実際には、「この素晴らしい世界に祝福を!」(2016年、2017年のアニメ)と同じ原作者とのことで、類似した作品であるように思います。

「やくならマグカップも」第1話 ×
 この番組は、Aパートに相当する部分のみがアニメで、Bパートに相当する部分は、声優が顔出しで取材のような真似を行うという代物で、非常にがっかりさせられました。実写は要りません。
 第2話以降は、視聴しません。

「恋と呼ぶには気持ち悪い」第1話
 よくも悪くも少女漫画といった印象でした。ギャグとしては意外に面白いと思いました。
 映像の方は、原作準拠なのでしょうけれども、アニメとしては、観るに堪えないと思いました。
 第2話以降は、視聴しません。

「フルーツバスケット The Final」第1話
 「フルーツバスケット」(2019年、2020年のアニメ)の第3期です。
 第1期は、隅々まで研ぎ澄まされたような作画だったのですけれども、第2期は、作画が駄目になってしまったという経緯があります。
 第3期第1話は、第2期よりはましな作画に見えましたけれども、今後も維持できるのでしょうか。
 また、第1期、第2期とも、オープニングが素晴らしかったのですけれども、第3期は、オープニングが駄目になってしまい、残念に思いました。

「オッドタクシー」第1話
 台詞には共感できる面もあるのですけれども、率直なところ、ギャグとしては、まったく笑えませんでした。
 第2話以降は、視聴しません。

「転生したらスライムだった件 転スラ日記」第1話
 「転生したらスライムだった件 転スラ日記」の派生作品のひとつとのこと。
 第1話を視聴した限りでは、ギャグ主体の作品というよりは、本伝を補足する作品という印象でした。
 キャラクタの作画については、本伝との相違を散見します。

「聖女の魔力は万能です」第1話
 さんざん宣伝していた割には、アニメの完成度が今ひとつであると思います。
 いわゆる異世界召喚モノなのですけれども、少女漫画的な設定であると思います。

「擾乱 ~愛と悲しみの山河編~」第1話
 第1話を視聴した限りでは、江戸幕府が明治まで継続している日本を舞台とした異能バトルものといった印象でした。
 和風の映像には、既存のアニメとは異なる表現を目指そうとする意図があるように思えます。

「MARS RED」第1話
 第1話を視聴した限りでは、大正時代の東京を舞台とした吸血鬼とそれを抑制しようとする軍人の物語といった印象でした。
 学生だった頃に「サロメ」(オスカー・ワイルドの戯曲)を読んでいたことがこのような機に役に立つとは思いませんでした。
 アニメの完成度が今ひとつである点が残念に思えます。

「究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら」第1話
 第1話は、いちいち話を引き延ばし過ぎているために、何を描きたいのかわからないまま終了したという印象でした。
エンディング主題歌が面白いと思いました。

「スーパーカブ」第1話 ○
 第1話を視聴した限りでは、写実的な映像で、淡々とした描写が魅力的であると思います。
 地方を舞台としている点も奏功していると思います。

「Fairy蘭丸~あなたの心お助けします~」第1話
 ホストクラブのようなものが好きな人にとっては、よい作品ではないかと想像します。
 第2話以降は、視聴しません。

「ゾンビランドサガ リベンジ」第1話
 「ゾンビランドサガ」(2018年のアニメ)の第2期です。
 第1話を視聴した限りでは、第1期の作風が継続しているといった印象でした。

「すばらしきこのせかい The Animation」第1話
 原作となっているゲームについては、知らないのですけれども、第1話を視聴した限りでは、いわゆるデスゲームもので、「ダーウィンズゲーム」(2020年のアニメ)を低年齢層向けにしたような作風であると思いました。

「86―エイティシックス―」第1話
 第1話を視聴した限りでは、安全な都市で生活する支配階級と戦場にいる被支配階級が隔絶されたデストピア的な世界を舞台とした作品といった印象でした。
 実は、白髪しかいない支配階級の方が人工的な存在で、戦場でもしたたかに生き延びようとする被支配階級の方が本来の人間だったとかいうオチが待っているのではないかと妄想します。

「シャドーハウス」第1話
 独創的な世界観とそれを描き出す映像の徹底ぶりが見事であると思います。
 第1話序盤で、エミリコがカーテンを開けた所為で、太陽光線を浴びたケイトが負傷してしまうとかいう展開ではないかと心配になりました。
 エンディング主題歌(ReoNa の「ないない」)もよいと思いました。

「EDENS ZERO」第1話
 「FAIRY TAIL」(2009年~2019年のアニメ)と同一の原作者による新作のアニメ化とのこと。
 第1話を視聴した限りでは、低年齢層向けの物語が深夜に放送されているという印象でした。

「イジらないで、長瀞さん」第1話
 長瀞さんを演じる上坂すみれ は、従来の役とは大きく異なる声をよく出せるものだと感心させられます。

「バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!」第1話
 「バトルアスリーテス大運動会」(1997年~1998年のアニメ)の続編とのこと。
 第2話以降は、視聴しません。

「美少年探偵団」第1話
 見るからに新房昭之とシャフトの制作らしい映像に加え、物語の屁理屈くささも西尾維新による原作らしいと思います。
 本編はよいと思うのですけれども、エンディング主題歌の歌詞と歌唱はともかく、曲が量産品のような代物である点が非常に残念であると思います。

 前述以外で、視聴を継続しているアニメ:
  「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」(2020年10月開始のアニメ)
  「七つの大罪 憤怒の審判」(2021年1月開始のアニメ)
  「蜘蛛ですが、なにか?」(2021年1月開始のアニメ)
  「バック・アロウ」(2021年1月開始のアニメ)
  「トロピカル~ジュ!プリキュア」(2021年2月開始のアニメ)
  「僕のヒーローアカデミア 5th」(2021年3月開始のアニメ)

2021年4月開始のアニメについて(その1)

今週は、まだ作品が出揃っていないという印象です。

「SHAMAN KING」第1話
 原作の知名度は高いのですけれども、私は読んだことがなく、「シャーマンキング」(2001年~2002年のアニメ)も視聴したことがありません。
 今期(2021年4月)開始の第1話を視聴した限りでは、低年齢層向けの作品のように思えました。

「ゴジラS.P<シンギュラポイント>」第1話
 第1話を視聴した限りでは、映像の完成度は、とても高いものの、物語がとっつき難い作品という印象でした。
 ゴジラという名を冠しているのに、「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」(1967年の実写映画)に似た場面があるのは、悪印象であると思いました。

「SSSS.DYNAZENON」第1話
 「SSSS.GRIDMAN」(2018年のアニメ)と同様のスタッフによる新作とのここと。
 第1話を視聴した限りでは、「SSSS.GRIDMAN」との関係が不明でした。

「灼熱カバディ」第1話
 カバディという競技を主題とした作品のようでした。
 第2話以降は、視聴しません。

「ましろのおと」第1話
 津軽三味線という主題はよいと思うのですけれども、物語の展開の非現実性にがっかりさせられました。
 口ピアスは、視野に入るのも嫌です。
 エンディング主題歌のダサいラップも不快でしたので、第2話以降は視聴しません。

「Vivy -Fluorite Eye's Song-」第1話~第2話 ○
 「プラスティック・メモリーズ」(2015年のアニメ)のヒロインのような非力な AI が「ターミネーター2」(1991年の実写映画)のような物語を演じることを強いられるような作品のように思えます。
 第1話を視聴した限りでは、とても面白いと思いました。

 前述以外で、視聴を継続しているアニメ:
  「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」(2020年10月開始のアニメ)
  「七つの大罪 憤怒の審判」(2021年1月開始のアニメ)
  「バック・アロウ」(2021年1月開始のアニメ)
  「トロピカル~ジュ!プリキュア」(2021年2月開始のアニメ)
  「僕のヒーローアカデミア 5th」(2021年3月開始のアニメ)